出るわ出るわ!

2016.02.13.16:07

店主です
今回も修理ネタを。
IMG_0221.jpg
20年前のカワサキ、9-Rです。
走行中にエンスト、始動不良の後、燃料漏れ。走行距離は55000km。
20年、55000kmにもなるといろいろ確認しなといけませんね。
IMG_0214.jpg
まず、エアクリナーボロボロ。
IMG_0215.jpg
キャブレターに入ってるラムエア圧のホース、裂けてます。
IMG_0216.jpg
せっかくなのでキャブレターもOHですね。
IMG_0217.jpg
分かりにくいんですが、パイロットスクリュウが曲がってました。
IMG_0218.jpg
ガソリン漏れの原因のOリングです。1個250円!!高い!
IMG_0219.jpg
最後にキャブバランス(同調)を調整して、完成!
とはいきませんでした。
さすがに20年、55000kmともなるとキャブレターのインナーパーツをいろいろ交換しないと
本調子が出ないような。しかし、キャブレターのパーツってすごーく高価です。
ちなみに怪しいパーツをピックアップして値段を調べると、パーツだけで約8万円。
オーナーさん撃沈。費用の準備ができるまで保留になりました。
安心して下さい!パーツはまだ在庫有りですから。
次回に乞うご期待!!

comment

Secret

No title

2016.02.14.09:15

一旦インジェクションのバイクに乗ると、キャブ車には戻れません^^;
自分はキャブでトラブった事は1度も無いけど・・・周りでは色々・・。

今所有の5台中、4台インジェクションです^^/
(唯一のキャブ車VTR250は近い内にお嫁に行く予定だし)

ジンさんへ

2016.02.15.09:22

古くなったキャブはアッセン交換が一番の近道ですが、殆どの場合、キャブレターが廃盤になってお手上げが多いです。海外製品に
目を向けても値段が高すぎて撃沈ってパターンですね。
インナーパーツで何とかできればラッキーです。これからは
こんな修理が多くなってくるかもしれません。
悔しいけど、バイクも新しい物には勝てませんね。

可変バルタイ+インジェクション

2016.02.16.13:11

2輪のエンジンは、世界基準のエンジン(4輪用)と比べると、
カ・ナ・リ遅れています。
いまや、キャブは、環境面で「悪」的存在です。
国内でいえば、軽自動車でも、バルブリフト量変化はしないものの、
バルブ開閉タイミングをするエンジンは、吸気側だけ変化させるタイプ、吸排気両方を変化させるタイプ、色々タイプはありますが、ごく普通に搭載されています。
すべて、ドライバーが要求した様々な要求時に、完全燃焼(燃費向上)を狙っていると思います。
システム(ヘッド)事態も小型化が進み、i-VTECのタイミング、リフト量の両方を変化させるタイプでも、昔みたいに、大きなヘッドやな~って感じはないですネ!!
125ccの小型量産、低価格エンジンにバルタイ変化エンジンを搭載したYAMAHAは、間違いなく、時代の牽引車になると思います。
YAMAHAがやれば、HONDAが追いかけてくる!!
ピーク回転数を7000回転くらいに抑えて過給機に頼った完全燃焼をさせる選択肢もあったかもしてないですけど、
2輪は、エンジンに気持ちよさを求めるライダーが多いと思うので、
高回転型自然吸気エンジンで、全回転域で完全燃焼を達成してほしいですね!!
プロフィール

店主&店主妻

Author:店主&店主妻
★唐子サイクルです★
愛媛県今治市唐子台東1丁目10-10
(0898)48-7478

今治市唐子台で今日も元気に営業中!
自転車・バイクのことならお気軽にお電話下さい♪
笑顔でお伺いします!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる